こんにちは、こんばんは。

KEIです。

不要な外出はしてはいけません。断言します。

今は、ゲームや本をして我慢するしかないですね。

先日、ゲームに関して少し記事で紹介しました。

【プロレスファンを引きこもりにする”今の”プロレスゲームを紹介!】

今日は本を紹介します。

TAJIRIから学ぶ世界で生き残るとは。

先日、レッスルマニアが行われました。異例の配信・無観客試合です。

初の試みで、日本の団体が無観客で行うのと訳が違います。

そんなWWEという団体は、シークレットな部分がめちゃくちゃあります。一般人にはわからないことが多いです。

WWEについて詳しく書かれた本があります。

先日、下記ツイートをしました。

TAJIRI著『プロレスラーは観客に何を見せているのか』

※画像に楽天市場のリンクを貼っています

TAJIRI著の本です。

元WWEスーパースターのTAJIRIにしかできない話が入ってます。

興味深かった部分は、下記のとおりです。

  • 各国渡り歩いたTAJIRIのプロレス感覚
  • WWEの内部事情
  • プロデューサー視点でのプロレス

WWEの内部事情だけじゃなく、TAJIRIのプロレス感を知ると、

めちゃくちゃプロレスの見方が変わります。

そして、世界で生き残る方法が沢山詰まってます。

各国渡り歩いたTAJIRIのプロレス感覚

試合中の動きについてサイコロジーと評して解説しています。

  • 受け身の練習をしない
  • プロレスに最も必要な動きの整合性

→これは世界でプロレスを見てきたから、できる話だと思います。

同業種の方にもインパクトの強い内容だとわかります。

この部分を読むことで、結構プロレスの見方が変わります。

WWEの内部事情

WWEについては、やはり読む中で一番面白いところでした。

WWEの全体ミーティングのようすも書かれています。

その場の臨場感が結構リアルです。

後は、契約時の雰囲気等々・・・

本書で具体的に記されていますが、2017年にWWEを復帰しています。

内部に関して、過去と現在を比較できるのは国内現役でTAJIRIだけです。

一般では耳にできないことがめちゃくちゃ書かれています。

ベースはWWEで培った”キャラクター”の考え方。

プロデューサー視点でのプロレス

ハッスルでのプロデューサー目線の話も興味深い話が多かったです。

人気を爆発させ、下降線を辿るまでの様子が赤裸々に語られています。

  • ハッスルがプロレスファンに憎まれた理由
  • 制作会議のようす

等々、他にも沢山。

有名人のレビュー

・望月成晃

・田中稔

・博多華丸・大吉

真夜中のハリー&レイス(ラジオ)で本著を語っているそうです。

配信2ヵ月程です。

↓下記URLから飛べます。↓

【真夜中のハリー&レイス(延長戦)博多大吉(博多華丸・大吉)】

随時レビューは追加していきます。

※画像に楽天市場のリンクを貼っています

おわり

様々な団体を生き抜いてきた”現在”の結論が書かれています。

さらに、この先また何か仕掛ける予定があるそうです。

それは本書で見てください。

「自信があるなら、やったほうがいい」

この言葉も本書に書かれていた一文で、

とても説得力のある言葉だと思いました。ビジネスにも刺さるものがありますね。

・・・

結局何が言いたいかっていうと、

「本書に出てきたアイツは誰かめっちゃ気になる」

ってこと。

あざした。

↓☆この記事が良かったら☆↓


プロレスランキング

おすすめ

1件のコメント

  1. […] 関連記事 →【外出せずに本を読め!TAJIRIから学ぶ世界で生き残るとは。】 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)