こんにちは、こんばんは。

KEIです。

3月18日のAEWダイナマイトで元ルーク・ハーパーとマット・ハーディーが登場しました。

今後、AEWを主戦場とするようです。

気になるのは、マット・ハーディーの新日本参戦可否だと思います。

個人的な意見で考えてみました。

AEWと契約。マット・ハーディー新日本参戦の可能性は!?

マット・ハーディーと言えば、元WWEの有名スーパースターです。

簡単にまとめてみました。

マット・ハーディーについて

名前マット・ハーディー
生年月日1974年9月23日(45歳)※2020年現在
出身地アメリカ・ノースカロライナ州
得意技ツイスト・オブ・フェイト
獲得タイトルECW王座、WWEロウタッグ王座、スマックダウン王座、US王座、ヨーロピアン王座、クルーザー級王座、TNA世界ヘビー、世界タッグ王座、ROHタッグ王座・・・etc

弟に、WWEグランドスラムを達成したジェフ・ハーディーがいます。

ジェフとのタッグチーム「ハーディーボーイズ」として、数々のタッグタイトルを獲得してきました。

2017年には新日本とも関係が深いROHのタッグタイトルも獲得していました。この時も新日本参戦を期待されましたが、実現には至りませんでした。

弟のジェフは、一度だけ新日本参戦をしています。

2011年1月4日東京ドーム大会で、当時提携していたTNAとして内藤哲也とTNA世界王座を賭けて試合をしています。試合自体は期待感の高さも相まって、上手く噛み合わなかったと思います。

マットの日本での実績は、2014年11月の両国国技館でレッスルワンに出場しています。

真田聖也(現・SANADA) vs TAJIRI vs マット・ハーディーの3WAY戦で登場しました。

それ以外、特に日本の団体での試合は見当たりませんでした。

今後、AEWでの活動の中ではマットのギミックや技は変わります。

WWEではクリエイティブ権が厳しいので、同じキャラや技は使えなくなります。

代名詞である「ツイスト・オブ・フェイト」も変わってしまうでしょう。

次回のAEWダイナマイトで、マット・ハーディーvsクリスジェリコがさっそく組まれています。

新日本参戦の可能性は・・・

では、今後マット・ハーディーが参戦する可能性についてですが、

参戦可能性は十分あると思います。

AEWとの契約は、ジョンモクスリークリスジェリコと同様の契約を結んでいるそうです。

なので契約上は問題ありません。

今年のG1クライマックスへの出場も期待できると思います。 ただマットは45歳。年齢的には少し厳しいかもしれません。

おわり

WWEは世界一の団体ですが、スケジュールが過密なことでも有名です。また上層部の決定は絶対と聞きます。自身のレスラー像とのズレが起きることもあるでしょう。

ジョンモクスリーの退団理由も上層部との軋轢でした。

今後もWWEからの循環は続くと思います。

・・・

結局何が言いたいかっていうと、

「WWEは乱入の音楽鳴ると、リングでウロウロしがちってこと。」

あざした。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)