高橋ヒロム画像

こんにちは、こんばんは。

KEIです。

高橋ヒロム選手が怪我により戦線離脱。

大胸筋断裂の重傷で記事によれば約半年間は戻れないという。

早急な回復をヒロム選手には期待したい。

そこで気になるのは今シリーズ組まれているタイトルマッチがどうなるのか。

高橋ヒロム戦線離脱。どうなる!?IWGP Jrヘビー級選手権試合!あの選手が挑戦かもしれない・・・

2月28日の大阪城ホール大会にて予定されているIWGP Jrヘビー級タイトルマッチが空とかしている。

今シリーズ同じく組まれていたIWGPジュニアタッグタイトルに関しては、急遽2月22日の後楽園ホール大会で乱入した前チャンピオンのエル・デスペラード選手と金丸義信選手に決まりそうだ。

IWGP Jrヘビーのタイトルはおそらく返上になるだろう。

当初の挑戦者エル・ファンタズモ選手との王者決定戦が組まれるはず。

あの選手が挑戦かもしれない・・・

決定戦に挙げられそうなのは・・・この3人。

  • BUSHI
  • エル・デスペラード
  • SHO

喫緊の実績と試合が組まれている流れを読むと、個人的にこの3人に絞られる。

BUSHI選手

同ユニットのパートナーが欠場となり、安易とタイトルを譲ることはしないはず。

前シリーズではシングルマッチでマスター・ワト選手を破り、波に乗っいる。

IWGPジュニアタッグが流れてしまったからには、今シリーズ溜まった vs BULLET CLUBの感情もIWGP Jrヘビー級に出して欲しいところだ。

挑戦権は十分満たしていると言えるだろう。

エル・デスペラード選手

個人的に言えば、エル・デスペラード選手こそ一番決定戦出場に相応しく、可能性が高いと感じる。

今回は行動も早かった。

好敵手・高橋ヒロム選手の欠場に下記のコメントを残して、早速IWGPジュニアタッグの挑戦に躍り出た。

前年のベスト・オブ・スーパーJrでは準優勝を飾り、この戦いは2020年度のベストバウトに挙げる声も非常に多かった。

【新日本】激闘のBOSJ決勝戦。年代・ユニットを超えて称賛の嵐!!

さらにタッグでも、かなりの成績を残しており、実績は間違いない。

2月25日に後楽園ホールで行われるIWGPジュニアタッグ戦の結果次第では、そのまま大阪城ホールに食い込む可能性が非常に高い。

「エル・デスペラード vs エル・ファンタズモ」シングルマッチは記憶している限り行われていないはず。

私は面白いカードだと思います。

SHO選手

今シリーズ試合が組まれている選手として列挙したが、前シリーズで挑戦している実績を鑑みれば難しいところ。

2月22日の後楽園ホール大会で前向きなコメントは残しているが、

具体的ではなさそうなので、今回は絡まない方向なのかもしれない。

SHO「この『CASTLE ATTACK』、先輩の前哨戦で出させてもらってるけど、大阪城ホール、タイトルマッチ、組まれてねぇんだ。“たら・れば”の話になっちゃうけど、(2.10)広島で、もし俺が(ヒロムに)勝ってれば、大阪城でもタイトルマッチできてたかもしれない。そう考えると、悔しくて悔しくてたまんない。だからその悔しさをバネに、次、もちろん狙ってるから。まだまだまだまだIWGPジュニアのシングルのベルト、狙ってるぞ」

新日本プロレス公式・2月22日後楽園ホール バックステージより

SHO選手の挑戦は大歓迎だが、BUSHI選手とエル・デスペラード選手の可能性と比べると極めて低いだろう。

大阪城ホールでファンタズモ選手とタイトルを争うのは誰か。

BUSHI選手か、エル・デスペラード選手か、はたまた違う選手か、

誰が出てくるのか、その答えは2月25日の後楽園ホール大会で明らかになりそうだ。

最後に

ここからは余談で、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンはジュニアがまた足りない状況に陥る。

BUSHI選手も一人では行動も制限される。

もしかしたら、また新しいメンバーの登場も期待できるのではないだろうか。

前回の欠場で加わった鷹木信悟選手のように。

兎に角、会場人気トップの高橋ヒロム選手の早期回復を願いたい。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)