プロレス 新日本プロレス

遂に動くか!?IWGPジュニアタッグベルト行方と今熱いタッグチームとは!?

投稿日:2020年8月28日 更新日:

こんにちは、こんばんは。

KEIです。

現・IWGPジュニアタッグ王座のROPPONGI 3K・SHO選手からベルト返上がコメントより出されました。

タッグパートナーであるYOH選手の欠場により防衛戦が組まれておりませんでした。

今後の動向が気になっていた中での決定。

さらなるIWGPジュニアタッグの今後について、

そして、今熱いジュニアタッグチームを取り上げたいと思います。

スポンサードサーチ

遂に動くか!?IWGPジュニアタッグベルト行方と今熱いタッグチームとは!?

状況的にIWGPジュニアタッグの返上は間違いなく行われ、

決定戦が設けられる流れになるでしょう。

以前、小島聡選手も触れていましたが、

YOH選手の前十字靭帯断裂の数ヶ月で復帰できる怪我ではありません。

決定トーナメント??

NEVER無差別級6人タッグマッチの返上の際は、王座決定トーナメントが行われましたが、

IWGPジュニアタッグベルトに関してはトーナメントは開かれないと思います。

代表2チームで決定戦が行われる程度ではないか踏んでいます。

理由は一つです。

ジュニアタッグチームが少ないです。

今挙げられるチームは・・・

  • エル・デスペラード&金丸義信
  • BUSHI&高橋ヒロム
  • 邪道&外道

※敬称略

定着しているタッグチームはこの3チームのみです。

高橋ヒロム選手はIWGPジュニア王者。

BUSHI選手とエル・デスペラード選手は「KOPW」に矢印が向かっている状態。

ジュニア選手不足!

マスター・ワト選手と田口隆祐選手の本隊組も面白くなりそうですが、

やはりトーナメントを開くにはカードが少ないです。

2チームの決定戦が妥当!

IWGPジュニアタッグを争うタッグチームは??

SHO選手のベルト返上宣言にすぐに反応を示した選手がいました。

DOUKI選手です。

めちゃくちゃ実力のある選手!

間違いなく近い将来ジュニアの天下を獲ってくる選手です。

そしてタッグパートナーは、金丸義信選手。

エル・デスペラード選手との兄弟タッグはまだ残しておくような気がします。

気になる対戦相手ですが、

先程も挙げたマスター・ワト選手と田口隆祐選手の本隊組と予想。

現在、マスター・ワト選手は鈴木軍と抗争を繰り広げています。

その延長線上にタイトルマッチを持ってくるのではないでしょうか。

おわり

IWGPジュニアタッグ王座も気になりますが、

ここからSHO選手が上がってきそうな気がしますね。

シングルプレイヤーとしてNEVER無差別級の挑戦・KOPWと爪痕を残してきているので、

次は、IWGPジュニアベルト狙ってほしいです。

・・・

結局何が言いたいかっていうと、

「DOUKI選手の髪の毛が綺麗すぎ。」

↓この記事が良かったら↓


プロレスランキング

-プロレス, 新日本プロレス
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

杉浦貴をバレットクラブが引き抜き!?新日本プロレス参戦への可能性は?

こんにちは、こんばんは。 KEIです。 興行中止が相次ぐ中、選手たちによるSNSの発信が増えています。 SNS上でもプロレスを楽しめるようにと色々考えてくれているのでしょう。 そこで、気になるツイート …

WWE日本公演は中止!?延期か?続報は?沈黙を貫くワケとは?

2020年7月2日~4日に予定していた、WWE日本公演が中止になると思います。WWEの現状と日本の入国状況を踏まえて考察をまとめてみました。

【大注目】新プロジェクト!KOPW2020の評価は??今後注目したい選手!?

新日本プロレスで新設された「KOPW2020」の一回戦が行われました。「必殺技禁止マッチ」「ピンフォール2カウントマッチ」「サブミッションマッチ」「1vs3ハンディキャップマッチ」それぞれ試合の評価を含めて解説します。

ファンタスティカ・マニアは小島聡のシリーズ

新日本プロレス公式より こんにちは、こんばんは。KEIです。 今年もファンタスティカ・マニアのシリーズが開幕されましたね。 ファンタスティカ・マニアといえば、この選手です。 小島聡! 何故なのか、それ …

現実味を帯びてきた、ヒロム率いる新ユニット!?

こんにちは、こんばんは。 KEIです。 今回は2.9大阪城ホール大会での髙橋ヒロムのコメント、 そして エル・デスペラードのSNSの内容から、 あの噂の新ユニットが現実味を帯びてきたのではないかという …