こんにちは、こんばんは。

KEIです。

今回は2.9大阪城ホール大会での髙橋ヒロムのコメント、

そして エル・デスペラードのSNSの内容から、

あの噂の新ユニットが現実味を帯びてきたのではないかということを

書いていきたいと思います。

現実味を帯びてきた、ヒロム率いる新ユニット!?

髙橋ヒロム「(※自作の攻略本を手にインタビュースペースに戻ってくると、フロアに両ヒザを着いて)あのような試合をして、コメントできる余裕は、あんまりない。田中、田中、いやSHOは、素直に面白かった。次はKUSHIDAだな。俺は、悪いが、お前の決め合いっこ、ロープワークなしのプロレス、飛ばないプロレス、お前に付き合う気はさらさらない。いろんなプロレスがあって面白い、俺はそう思ってるから。最後に、一つだけ……H、E、S、Y……まだまだ先の話だ」

新日本プロレス公式より 髙橋ヒロムのコメント引用

2018年6月高崎大会試合後の髙橋ヒロムのコメントです。

『最後に、一つだけ……H、E、S、Y……まだまだ先の話だ』

この意味深なメッセージに色んな憶測が飛び交ったのを覚えています。

・ある選手のイニシャルを取っているのではないか?

・新ユニットでも考えているのではないか?

・ジュニアのユニットなのではないか?

などなど。

この時、髙橋ヒロムは”ジュニアだけのユニット”を作ろうと考えているのではないか、と言われていました。

この伏線は未だに回収されていません。

しかし、今回大阪城ホール大会のバックステージにて髙橋ヒロムが気になる発言をしていました。

全ては書きませんが、

ジュニアのユニットという発言が出ていました。

勿論中身は髙橋ヒロム包囲網として、まとめてかかってこいというニュアンスでしたが、

“ジュニアのユニット”はこの先に繋がりそうな予感がします。

このコメントに対して、気になる投稿もありました。

同日にエル・デスペラードが意味深な内容をSNSで投稿しており、ファンとしては髙橋ヒロムのコメントから何かを汲み取ったのではないか?

と考えてしまいますね。

いよいよ現実味を帯びてきたような気がします。

素直にジュニアのユニットを作ってほしいです。

かつて、獣神サンダーライガーが率いた ジュニアのヒールユニット「C.T.U」を優に凌駕できるメンバーは現に揃っていると思います。

髙橋ヒロム筆頭に同年代のエル・デスペラード、YOH、SHO、DOUKI・・・

カワトサンも帰ってきたら、いよいよ完成しそうですね。

石森、ファンタズモは違うかな・・・

まぁ色々妄想が広がっちゃいますね。

今後のジュニアの動きも目が離せません。

おわり

新日本プロレスの選手は伏線とか、SNSの使い方がめちゃくちゃ上手いから、話題が尽かない!

リング以外のところで事件が起きてたりするから、

もうSNS上からプロレス観戦なのかもしれないな。

昔は週プロが活字プロレスって言われてたけど・・・

後、C.T.UにミラノコレクションA.T.がいたことに驚いた。

・・・

結局何が言いたいかっていうと、

「DOUKIが新日本プロレス公式プロフィールにいつの間にか載ってて、めちゃくちゃ上がった」

ってこと。

↓この記事が良かったら↓


プロレスランキング

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)