プロレス

激震!WRESTLE-1無期限休止。【選手の反応まとめ】

投稿日:2020年3月2日 更新日:

こんにちは、こんばんは。

KEIです。

コロナウイルスの対応に追われる中、激震が起きました。

『WRESTLE-1無期限活動休止』

当初より潤沢な経営はできていないと感じておりましたが、急な発表で驚きました。

武藤会長「選手スタッフ一丸となって頑張ってきましたが、なかなかこの旗揚げしてから赤字体質を脱却できず、オーナーさんに補填してもらいながら来ましたが、これ以上ご迷惑をかけてもいけないという中で活動休止という決断になりました。 ・・・」

バトル・ニュース 記事より 引用

では、各選手の反応をまとめておきます。

スポンサードサーチ

激震!WRESTLE-1無期限休止。【選手の反応まとめ】

会長 武藤敬司

2017年4月に新体制として会長に就任していましたが、

あんまりもう思い入れはなさそうな感じがしますね。

3月15日の大田区総合体育館大会 がW-1最後の試合になります。

現場を離れているようなので、仕方ないですね。

征矢学

征矢学は武藤敬司に直訴して入団したので悔やまれる気持ちは強そうですね。

元々、全日本プロレス系の選手なのでNOAH・全日本で活躍が期待できると思います。

才木玲佳

WRESTLE-1が設立したプロレス専門学校の一期生として 、デビューした選手なので生え抜き選手です。

欠場中ですが、今後もプロレスを続けると発信しているので、今後の方向性が一番楽しみな選手になりそうです。

同じく一期生の木村花がスターダムで活躍の幅を広げている最中なので、

同じスターダムのリングに上がる日も近そうです。

カズ・ハヤシ社長

プロレス団体・W-1は2020年4月1日、後楽園ホール大会を最後に無期限の活動休止とさせていただくことをご報告させていただきます。応援していただいた皆様、団体を支えていたファンの方々、関係者各位、誠にありがとうございました。突然のご報告となり誠に申し訳ございません。活動休止に従い、全W-1所属選手は2020年3月31日をもちまして退団となります。

WRESTLE-1 公式サイトより

活動休止なので、再開はあるか気になりますが、

会見の内容をみると、カズハヤシ自身での団体再開はなさそうな気がします。

若い選手で再開したい選手がいれば、どうぞ。というスタンスですね。

3月15日の大田区総合体育館で、中嶋勝彦との最後のタイトルマッチを控えています。

有終の美を飾ってほしいです。

その他選手

おわり

会社設立から、約6年半。

起業から、5年後の企業生存率は約40%です。プロレス界も例外ではないです。

プロレスブームと言われておりますが、経営は別なのかもしれませんね。

選手層はめちゃくちゃ充実した団体なので、休止は残念ですが、

退団した選手がどこに向かうのか、それは凄く楽しみです。

・・・

結局何が言いたいかっていうと、

「後藤洋央紀のツイート、朝早すぎってこと。」

あざした。

1冊80円のDMMコミックレンタル!

-プロレス
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【新日本】東京ドーム好カード連発。残るカードを大予想!!国内回帰へ!?

東京ドーム大会が差し迫る中、対戦カードも続々と発表された。発表済みのカードをまとめつつ、遺恨発生中のカードをまとめました。また個人的な予想カードも幾つか紹介。今大会のキーポイントは「国内回帰のカード」

ジュリア選手が設定する新しい標的(ライバル)とは?大会に向けて用意したもの!

ジュリア選手の新しい標的(ライバル)について考えてみました。また、6月21日再開したスターダムに向けて用意したものは何だったのかもまとめました。

今週のプロレスニュースvol.1

こんにちは、こんばんは。 KEIです。 今日の北海道大会で発表されましたが、 新日本プロレスでは、7月に北海道大会のツアーが行われるようです。 今週のプロレス関係のニュースをまとめてみました。 よろし …

体重激増!何故?プロレス復活で史上最強の棚橋弘至が帰ってくる!?

自粛期間を得て、最強の棚橋弘至が帰ってきます。それには自粛期間の体重激増が関係しています。体重激増の理由を含めて解説しました。

未曾有の危機。リングだけじゃない!?これが、今やれるプロレスです。

こんにちは、こんばんは。 KEIです。 様々な団体が興行以外で、プロレスを盛り上げています。 新型コロナウイルスのダメージを少しでも軽減するようにと必死に動いてくれています。 私たちにもできることはあ …