プロレス 新日本プロレス

ベスト・オブ・ザ・スーパーJr.優勝トロフィー破損事件の真実!?意外な人物が浮上!

新日本プロレス公式より

こんにちは、こんばんは。

KEIです。

2018年ベスト・オブ・ザ・スーパーJr.にて起きた大事件。

内藤哲也選手による「優勝トロフィー破損事件」です。

しかし、破損させた真実は大きく違ったようです!

※サムネイル画像は新日本プロレス公式より

ベスト・オブ・ザ・スーパーJr.優勝トロフィー破損事件の真実!?意外な人物が浮上!

優勝トロフィーの破壊

スーパーJr.優勝時のリング上で、内藤選手と高橋ヒロム選手のじゃれ合いの中で壊れたと言わていました。

当時のバックステージコメントでも触れられています。

内藤、帰ったのか、あの野郎! (※壊れたトロフィーを元に戻そうとしながら)オイオイオイオイ、オイオイオイ。聞いてよ。あの、内藤哲也という男は、俺のトロフィーを奪い、そして壊れたことに気づき、俺に耳元で『ゴメン、ちょっと壊れた』と俺に渡してきた! 

2018年6月4日 後楽園ホール大会バックステージコメント

当時、内藤選手もリング上で何度も謝罪するジェスチャーを見せていました。

しかし、先日新日本プロレスワールド内で放送された『Tele Pro-Wrestling BEST OF THE SUPER Jr. 珠玉の優勝決定戦編』に出演した高橋ヒロム選手から意外な真実が語られました。

優勝トロフィー破損の真実

優勝トロフィー贈呈時、海野レフェリーが手に持った時から壊れていたらしいです。

そして破損させたらしい選手は、

なんと・・・

現在、WWEのスーパースターである

前年度優勝者のKUSHIDA選手が破損させ修復していたことが、高橋ヒロム選手から語られました。

それについて謝罪しないとけないことがあるんです。

内藤哲也さん申し訳ございませんでした。

調査をしたら、

実はその後、海野さんに「ヒロム、ごめん持った時に一回取れちゃった。」てさ...

犯人は海野さんだったんですよ。

実はさらに真犯人がいたと情報が入ってきたんです。

実は元々、今新日本にはいないKUSHIDAさんが壊して接着剤で付けた。という話が入ってきました。

そのまま海外にあの野郎は逃げたんですよ。

KUSHIDA選手は2017年に優勝した際、トロフィーを壊してアロンアルフアで付けていたらしいです。

本当に意外な人物が浮上してきました。

KUSHIDA選手の反応が気になりますが、

その事実を知りながら、隠して罪をかぶっていた内藤選手の株が上がりそうな話です。

詳細は是非、新日本プロレスワールドの『Tele Pro-Wrestling BEST OF THE SUPER Jr. 珠玉の優勝決定戦編』を見てください。

他にもあった破損事件!

新日本プロレス・棚橋弘至選手

2015年8月16日の『G1 CLIMAX 25』優勝した棚橋弘至選手は優勝旗を折っています。

新日本プロレスワールドより

スターダム・岩谷麻優選手

他団体ですが、スターダムの岩谷選手も2019年12月24日のワールド・オブ・スターダム王座防衛後に勝利者トロフィーを破損させています。

因みに岩谷選手は何度か実績も・・・

棚橋弘至選手も、岩谷麻優選手も団体を背負うエースです。

何かを壊す・破損させる選手にはプロレスラーとして光るものが備わっているのかもしれません。

【関連記事】

【体重激増!何故?プロレス復活で史上最強の棚橋弘至が帰ってくる!?】

【スターダム】未来の黄金カード間違いなし!?林下詩美vs舞華について!

おわり

実は、2018年ベスト・オブ・ザ・スーパーJr.の優勝トロフィーを壊していたのは、内藤哲也選手ではなく、KUSHIDA選手だった。

→ 他にも棚橋弘至選手やスターダムの岩谷麻優選手も優勝旗やトロフィーを破損させていました。

・・・

結局何が言いたいかっていうと、

「新日本プロレスワールドのテレプロめちゃくちゃ面白くなってきた。」

↓この記事が良かったら↓PUSH


プロレスランキング

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)