こんにちは、こんばんは。

KEIです。

3月24日、スターダムのシンデレラ・トーナメントが行われました。

さっそく、総括していきたいと思います。

私的にもスターダムは初観戦でした。

シンデレラ・トーナメント2020総括!!

今年はジュリアがシンデレラに輝き幕を閉じました。

先日、当ブログで優勝予想もしていましが・・・

【スターダム・春の聖戦開幕決定!!今年のシンデレラは!?】

私の優勝予想は、木村花。結果はジュリアでしたね。

一回戦から好カード連発させたこともあってか、2試合が両者脱落となりました。

引き分けとなった木村花と岩谷麻優はいずれ決着をつけてほしいです。

この2人を優勝候補に置いた方々は多かったと思います。

会場でも両者リングアウト時にはブーイングも飛んでいました。

共に再戦を望んでいるので、岩谷が持つ赤いベルトを賭けて戦うのも近い未来だと思います。

楽しかったです。そういう部分を感じ取れたし。でも、本当に悔しいから、またシングルやりたいなと思いました。ここから先の岩谷麻優はライバルを見つけていくのを自分自身のレスラーとしての成長の糧になると思うので。木村花はいいライバルになるんじゃないかなって。

スターダム 岩谷麻優 バックステージコメントにて

シンデレラ・トーナメントのベストバウト

個人的に、この日のベストバウトは、

スターライト・キッドvs渡辺桃

です。

終盤のフォールをめぐる駆け引きにはスピードがあり、

特にコーナーからの蒼魔刀を切り返したキッドの動きには、あの獣神サンダーライガーも唸らせていました。

もう才能の塊ですね。

なんとスターライト・キッドはつい先日、高校を卒業したばかりです!!

未来のエース候補であることは間違いないです。

学生生活が終えたところを見ると、今後マスクを脱ぐ可能性もあるかもしれません。

色々と楽しみな選手です。

シンデレラに異議申し立て

さっそく、優勝したシンデレラに異議を申し立てました。

中野たむです。

今回の結果を受けて、ジュリアは星輝ありさに挑戦する予定です。

星輝ありさは現在欠場しています。

4月29日の大田区大会までに復帰できなければ、ベルトをもらうと宣言したジュリアに対して、中野たむは「待った」をかけました。

4月29日にジュリアvs中野たむの試合が行われる可能性も非常に高いです。

中野たむと星輝ありさには、ライバルともニュアンスの違う複雑な関係があります。

代わりに中野たむが出てくるのは、めちゃくちゃ激アツな展開だと言えます。

当日の「コロナ対策」

好勝負連発で興行は成功でしたが、この状況での開催は断腸の思いだったと思います。

当日、下記のツイートをしました。

会場では様々なコロナウイルス対策が取られていました。

会場1階で、一人ひとりに検温とマスクの配布。

強制的なアルコール消毒。

入り口ドアは常に開場。喚起徹底のために大型扇風機も設置していました。

観戦時にも制約がたくさん設けられていました。

当たり前ではありますが、異様な緊張感がありました。

自粛しても落胆され、開催しても非難され、

イベント主催者の苦悩は今後も続きそうですね。

おわり

ジュリアは強いですね。

ドレス姿も普段とのギャップもあり、とても素敵でした。

他にも触れたい選手が沢山います。

それぐらい幅広い色のスタイルがあって、全ての試合がメイン級に感じました。

・・・

結局何が言いたいかっていうと、

「試合終了後マイク聞かずに帰っちゃうのは、選手目線考えたら、めちゃくちゃ可哀想だから、やめて」

ってこと。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)