新日本プロレス

【話題】KENTAがYouTubeチャンネル開設!?名前は「KENチャンネル(仮)」!?

投稿日:2020年5月2日 更新日:

こんにちは、こんばんは。

KEIです。

話題のKENTA選手がYouTubeデビューを示唆しました。

スポンサードサーチ

【話題】KENTAがYouTubeチャンネル開設!?

下記の動画でコメントを出しています。

以下動画より一部抜粋します。

中原さん「KENTA選手YouTubeしてほしい。っていうのが多数きてるんですよね!」

KENTA選手「YouTubeね。結構色んな人が始めてるもんね。このタイミングで。」

中原さん「これは、どうなんですか?」

KENTA選手「まぁそのうちやるんじゃない。」

中原さん「本当ですか?そのうちやるってことでいいでんすか。」

KENTA選手「そのうちやるんじゃない。どうなるかわからないけど。」

中原さん「SNSでの発信がKENTAさん凄いんで・・・」

KENTA選手「SNSって自由にこっちから、やってるだけだから。YouTubeになると、どんなのやるんだろうって結構期待されちゃうから。逆に期待されちゃうと、そういうプレッシャーに弱い部分があるから。」

中原さん「意外とナイーブな・・・」

KENTA選手「まぁ、やるかもしれないね。」

taiyonakahara【新型コロナ】KENTAに緊急直撃!【NJPW】より一部抜粋

これは結構前向きなコメントなので期待してよさそうです。

チャンネル名は「KENチャンネル(仮)」!?

動画の末尾で、チャンネル名の候補が既に挙がっていました。

拒否反応が強めだったので、どうなるかは分かりません。

YouTubeデビューへの期待値

期待値はめちゃくちゃ高いと思います。

今、日本で一番影響力のあるプロレスラーと言ってもいいです。

新型コロナウイルスに対する注意喚起は、連日ネットニュースに取り上げられています。

動画でのコメントもそうですが、

他者の評価を省いた言葉なので、より強い言葉で届いている気がします。

これに動画の臨場感が加われば、さらに発信力は強力になるでしょう。

YouTubeチャンネルで期待したいこと

叙述した通り言葉に力のある選手なので、

  • 視聴者の質問に答える
  • テーマに沿って語る

 

これだけでも充分面白いコンテンツになりますね。

おわり

最近、プロレスラーのYouTubeデビューが続いています。

↓こちらの記事でも↓

【矢野通がYouTubeチャンネル開設!!プロレスラーが続々開設する理由は!?】

KENTA選手のYouTubeデビューについて至極前向きですが、”いずれ”ともコメントしているので詳細は全く未定です。

今は続報を待ちましょう。

・・

動画の8分20秒~注目して聞いてほしいです。

今のアメリカを肌で実感してるからこそ、日本人の足りない部分が如実に見えているはずです。

・・・

結局何が言いたいかっていうと、

「STAYHOME!家にいろ!」

ってこと。

↓☆この記事が良かったら☆↓


プロレスランキング

-新日本プロレス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ベスト・オブ・ザ・スーパーJr.優勝トロフィー破損事件の真実!?意外な人物が浮上!

ベスト・オブ・ザ・スーパーJr.の優勝トロフィー破損事件について、高橋ヒロム選手から語られました。意外な人物が浮上しました。

【必見】「G1クライマックス30」優勝予想確定!?後半戦にひっくり返ります。

「G1クライマックス30」も後半戦に突入。そこで優勝者が絞られつつある中で改めて、予想を!決定戦のは俄然として、ジェイ・ホワイト選手、ウィル・オスプレイ選手、そしてBブロックはSANADA選手が固いところか!?

石森太二の「石森塾」開校。筋肉部位に注目の選手も続々登場!

石森太二選手が発信する「石森塾」のトレーニング動画がハード過ぎるのと、石森選手自ら注目する筋肉部位を持つ選手が挙げられており、面白いので解説します。

令和の新しいことは全てスターダムが教えてくれた!次なるステップは!?

こんにちは、こんばんは。 KEIです。 スターダムがYouTubeで、無観客試合の生配信を行いました。 今日、我々は画期的な令和のプロレスを目の当たりにしたのかもしれません。 https://twit …

【大注目】新プロジェクト!KOPW2020の評価は??今後注目したい選手!?

新日本プロレスで新設された「KOPW2020」の一回戦が行われました。「必殺技禁止マッチ」「ピンフォール2カウントマッチ」「サブミッションマッチ」「1vs3ハンディキャップマッチ」それぞれ試合の評価を含めて解説します。