こんにちは、こんばんは。

KEIです。

新日本プロレスの4月4日の両国国技館で、UNITED EMPIREに新メンバーが投入される。

因みに現メンバーはこちら。

  • ウィル・オスプレイ
  • グレート-O-カーン
  • ジェフ・コブ

SNSでも様々な予想が展開されている。今回はこの新メンバーについて書いていこうと思います。

【新日本】UNITED EMPIREの新メンバー“X”は元WWE・ルセフこと、ミロで決まり!

https://www.allelitewrestling.com

表題通り個人的な予想は、元WWE・ルセフことミロ選手だと踏んでいます。

ミロ選手は2020年9月にAEWと契約し話題になりました。

リングネームミロ(元ルセフ)
現所属AEW(オール・エリート・レスリング)
生年月日1985年12月25日(2021年3月現在・35歳)
デビュー2008年(YOSHI-HASHI選手、ロビー・イーグルス選手と同期)
必殺技キャメルクラッチ、マチカ・キック

WWEでは、WWE・US王座に3度戴冠した実力者。

そして退団前には中邑真輔選手とタッグでタイトルへの挑戦し、日本人選手との交流も良好だったようです。

現在の活躍は?

現在AEW契約発表して以降は、中々目立つ動きを見せていない印象でタイトル戦にも絡んでいないようです。

接点は極めて低いですが、

今年よりUNITED EMPIRE(連合帝国)に名を変えた以上、多国籍の選手を入れていく流れもあるはずです。

実際の出身はブルガリアですが、WWEではロシアの愛国者というギミックでも活動をしていました。ミロ選手が加入すれば、より一層多国籍な連合が出来上がります。

他にも・・・

他の候補としては、SNS等で挙げられていた選手としてTwitterでもまとめています。

ロビー・イーグルス選手やマーティ・スカル選手に関しては、以前の記事でも触れていました。

【新日本】THE UNITED EMPIRE (ユナイテッドエンパイア)について 気になる今後の動向、新メンバー情報等々

噂では、マーティ・スカル選手は海外で行われている「NJPW STRONG」の収録を終えたと言われています。

過去の記事でも触れましたが、イギリスという括りではユニットとの相性は抜群。

海野翔太選手は現在イギリス遠征中で、O-カーン選手と入れ替わるように海外武者修行へ出ていきました。

イギリスでの初戦以外、情報が全く出ていないのも不思議です。

O-カーン選手と同じ海外武者修行ルートなので、非常に可能性は高いと思います。

トーア・ヘナーレ選手の加入は可能性が低い!?

挙げた以外で多かったのは、ヘナーレ選手。

断トツで本隊を裏切るのでは?と予想している方々が多かった。

現状に燻っている状況と意味深なツイートは本体を裏切る伏線を立てているようにも感じます。

https://twitter.com/HenareNZ/status/1372493906298904577

しかし、個人的にはヘナーレ選手のUNITED EMPIRE加入は低いと考えます。

理由は、O-カーン選手とジェフ・コブ選手のコメントです。

ニックネームは”兵器”!?

O-カーン選手とジェフ・コブ選手のコメントから”兵器”がキーになると思います。

グレート-O-カーン「ああ、東京ドームで全敗して、帝国創ってからずうっと全敗続きで、その帝国の、盟主が『NEW JAPAN CUP』を支配するんだ。そして飯伏を処刑し、新日本の至宝を支配する! いいか、あと少しだ、あと少し。待っていろ。あと一つだ、あと一つ。帝国の至宝以上に、兵器を身につけた。笑ってろ、ツバ吐き続けてろ、愚民ども。今日が終われば、貴様ら全員、帝国の奴隷だ!」

コブ「今日も第三世代のおっさんたちをツアー・オブ・ジ・アイランドで沈めてやった。今に見てろ、あいつらは引退して、ハワイで老後を過ごすことになるんだ。何ならもう一度、ツアー・オブ・ジ・アイランドをお見舞いしてやっても構わないぞ。ニュージャパンのリングが完全に浄化されるまで、何度でもお見舞いしてやる。オーカーンと俺が圧勝したように、今夜のメインイベントではウィル・オスプレイが『NEW JAPAN CUP』を制してくれることだろう。それに俺たちには強力な秘密兵器も見つけたし。俺たちから目を離すなよ……」

新日本プロレス公式より

2人が上記コメントを出した日の試合で、ヘナーレ選手は負けています。

その選手に対して、強力な秘密兵器と表現するのは少し逸脱していると感じます。さらにヘナーレ選手は無骨でまっすぐなイメージ、そして歓声を素直に強さへと変換できる選手です。その秀でた良さを崩すとも思えません。

と言うところを踏まえて、いずれヒールターンする姿も見てみたいですが、もう少しだけ先な気がするというのが理由です。

これからの前哨戦、注目は”兵器”です。

ともに口を揃えていたので、もしかすると兵器を英訳でニックネームにして・・・登場もあり得るかもしれません。

兵器と言われるとジュニア選手よりは、ヘビー級と括るのが登場のインパクトもありそう・・・

次のバックステージコメントも大注目ですね。

もしかしたら、前哨戦で突如乱入を仕掛ける可能性もあり得ます。

4月4日の両国国技館だけでなく、群馬県から始まる前哨戦も目が離せない。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)