こんにちは、こんばんは。

KEIです。

新日本プロレス上半期の総決算、大阪城ホール「DOMINION」が鷹木信悟選手のIWGP世界ヘビー級タイトル戴冠で劇的に幕を閉じた。

休む暇なく次期シリーズは6月14日から「KIZUNA ROAD」が始まる。

後楽園ホールが7大会、会場の大きさで挙げると宮城サンプラザホールなども控えており、過去大会はG1クライマックスの準備期間のイメージが強かったが、

今回の遺恨から推測するに激闘は必至。

遺恨を踏まえた主要カードを上げておきたいと思います。

【新日本】次期シリーズ「KIZUNA ROAD 2021」決定カード予想公開!

予想できる主要カードは下記の通り。

  • IWGP世界ヘビー級 鷹木信悟 vs 飯伏幸太
  • IWGPタッグ王座 タイチ&ザックセイバーJr vs 内藤哲也&SANADA
  • IWGPジュニアヘビー級 エル・デスペラード vs 石森太二
  • IWGPジュニアタッグ王座 SHO&YOH vs 石森太二&エル・ファンタズモ
  • NEVER無差別級 ジェイ・ホワイト vs  デビット・フィンレー
  • NEVER無差別級6人タッグ CHAOS vs BULLET CLUB

この中で気になるのは、IWGPヘビー級タッグのタイトルマッチ。

IWGPタッグ王座

SANADA選手は過去2度の戴冠とワールドタッグリーグ優勝をしている屈指のタッグ屋であるが、内藤選手も負けていない。

過去にはIWGPヘビー級とIWGPジュニアヘビー級を同時に巻く偉業も成し遂げており、この偉業は内藤選手・高橋裕二郎選手のタッグチーム(NO LIMIT)とヤングバックスのみである。

そして今回、内藤選手がIWGPタッグ王座への挑戦となれば約10年振りとなる。

元々タッグからスターダストに登ってきた選手だけに内藤選手復活の兆しになること違いない。

さらに今回の王者チームはタイチ選手とザック・セイバーJr選手。

内藤選手はタイチ選手と相性が良く、IWGPインターコンチネンタル王座を賭けて戦ったり、東京ドームへの切符をかけたシングルマッチを行ったりと内藤選手目線で言うと何かと節目で戦うことが多い。

SANADA選手とザック選手はまさに好敵手と言える二人だ。ともにグランドのクラシカルな戦いを好んでおり、毎回玄人好みの試合展開を見せてくれている。

この2チームのタイトルマッチは外れはないでしょう。

予想では次期シリーズの「KIZUNA ROAD」ではなく、「SUMMER STRUGGLE in SAPPORO」で行うのではないかなと予想している。

今回の「KIZUNA ROAD」では最近タッグタイトル戦線で頻繁に行われている、前哨戦のシングルマッチを行うのではないかなと思います。

どちらの組み合わせでもメイン級のカードなので至高のシングルマッチになりそうだ。

NEVER無差別級6人タッグ(CHAOS vs BULLET CLUB)

もう一つ気になるのが、NEVER無差別級6人タッグ。

先日L.I.Jとの防衛戦を退け、最多防衛数を更新したYOSHI-HASHI選手、石井選手、後藤選手率いるCHAOS。

【必読】ベルト価値急上昇!NEVER無差別級6人タッグ王座に必要だった条件!!

もはや代名詞。ベルトの価値を間違いなく上げてきた中で、次の挑戦者はBULLET CLUBとなりそうだ。

過去BULLET CLUBでは、ジェイ・ホワイト選手&G.O.D組とKENTA選手、石森太二選手、高橋裕二郎選手組を倒してきた。

名乗りを挙げているのは、

  • EVIL
  • 高橋裕二郎
  • ディック東郷

の3選手。

実績から見ると、先日のL.I.Jより強敵ではないかと思われがちだが、

EVIL選手はL.I.J時代に4度戴冠実績があり、

何より気になるのがディック東郷選手だ。

新日本プロレス参戦から約1年。初のタイトルマッチとなる。

勿論、実力者。

IWGPジュニアタッグやKO-D無差別級、KO-Dタッグ王座(DDTプロレスリング)などの体感歴もある。

現在までEVIL選手のサポート役に徹してきただけに、実力発揮に期待する声も大きい。

もしかすると、CHAOSは最大のピンチとなり得るかもしれません。

予想では宮城・仙台サンプラザホール大会で行うのかなと予想しています。タッグ同様シングルマッチが見られるかもしれません。

新日本プロレス参戦後、初のディック東郷選手のシングルマッチに期待している。

他のタイトルマッチもどれも期待以上の戦いが予想される。

エル・デスペラード選手が大阪城ホールのバックステージで見せたジュニアのプライド。

呼応しているかのように動いた石森太二選手。

鷹木信悟選手と飯伏幸太選手は半年前から戦う運命にあったと思わされる決定カード。磁場の如く強敵を引き寄せる新チャンピオン・鷹木信悟のIWGPロードが「KIZUNA ROAD」から始まろうとしている。

「SUMMER STRUGGLE 」に繋がる劇夏の戦いへの布石として「KIZUNA ROAD」からも目が離せない。

→ 新日本プロレスワールドはコチラ

NJPW STRONGも目が離せなくなってきた! ↓ ↓ ↓

【新日本】今後のSTRONG無差別級を占う初防衛戦の感想とその価値観について

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)