こんにちは、こんばんは。

KEIです。

3月3日の日本武道館決戦に向けて、続々と対戦カードが決定してきた。

1月24日時点で決定したカード・候補カードをまとめておこうと思います。

予想も含めて確認してみましょう。

【スターダム】3月3日 日本武道館決戦、続々決定した対戦カードをまとめ!

決定したカード・候補カードはこちら。

  • 岩谷麻優 vs 世志琥
  • 渡辺桃 vs 高橋奈七永
  • 林下詩美 vs 上谷沙弥
  • AZM vs なつぽい
  • スターダムオールスターランブル

公式の出場予定選手は・・・

岩谷麻優、林下詩美、ジュリア、中野たむ、スターライト・キッド、飯田沙耶、渡辺桃、AZM、上谷沙弥、刀羅ナツコ、鹿島沙希、小波、ビー・プレストリー、朱里、舞華、ひめか、なつぽい、白川未奈、ウナギ・サヤカ、愛川ゆず季、他・・・

愛川ゆず季以外は、今のところスターダム所属選手と参戦選手のみでしょうか。

一つずつ決定カードを確認していきます。

vs SEAdLINNNG

2020年の最終戦で乱入した「SEAdLINNNG」勢との試合。

【スターダム】世志琥選手復活の理由、スターダム新たな船出、そして覚悟

  • 岩谷麻優 vs 世志琥
  • 渡辺桃 vs 高橋奈七永

1月22日の新木場大会にスターダム勢(岩谷麻優、渡辺桃、飯田沙耶)が乱入したことで、決定的になったと言えます。

2月10日には、SEAdLINNNGとの前哨戦も控えてます。

スターダム勢としては、過去と現在の差を見せつけたい戦いになる。

SEAdLINNNGとしても、トップを送り出すリスクは計り知れない。負けることになれば団体の格は傷つけられるだろう。

ともに負けられないプライドが交錯する激戦となりそうです。

また、岩谷麻優と世志琥に関しては同期対決の枠だけで収まらない。

今や女子プロレス界の2トップのドリームカードだ。

いなすことなくシングルマッチで実現してくれることを願う。

AZM vs なつぽい

先日の後楽園ホール大会で出現したカードです。

ハイスピード王座を賭けたAZM vs なつぽい。

米山香織選手との防衛戦を回避したAZM選手の目の前に現れた なつぽい選手。

AZM選手を認めさせればという条件ですが、ほぼ決定的です。

なつぽい選手は先日、スターダムに正式入団しました。

2020年参戦表明し、DDM入りを果たしたが、活動的には消極的でした。

女優と二足のわらじで活動していたので、中々タイトル戦線に絡めていなかったのが原因だったのだろう。

しかし、週刊プロレスのインタビューで、2021年は女子プロレスの活動に注力していくと宣言していました。

さっそく、1月30日にはゴッテス・オブ・スターダム王座の挑戦も決定している。

3月3日にハイスピード王座戦出場となれば、スターダム内での立場は大きく変わる。

ハイスピードの象徴となったAZM選手の牙城を崩せるのは、もう なつぽい選手だけ。認めさせる前哨戦を含め期待大だ。

林下詩美 vs 上谷沙弥

ワールド・オブ・スターダム。通称・赤いベルトの防衛戦となる。

このカードは否定的な声も大きい。

上谷沙弥選手の挑戦に疑問を浮かばせるファンが多かった。

それもそのはず、挑戦者である上谷選手は若手の登竜門であるフューチャー・オブ・スターダム王座を獲得できておらず、連敗を喫している。

挑戦表明した日に、ワールド王座に届かなかった舞華選手に勝てていないのだ。

身体能力も高い、今後エースの位置を確立することは誰もが確信している。

故に実績だけが、もどかしいところ。

しかし、プロレス界は昇進に順番待ちする社会とは乖離している格闘技なのだ。

リングに上がり王者である林下詩美選手に試合を決定させればいいだけ、

残り1ヶ月どれだけ実績を示せるかが注目だ。

もし「林下詩美 vs 上谷沙弥」をメインイベントに持ってくることがあれば、

林下選手は2018年8月デビュー。上谷選手は2019年8月デビュー。

なんとデビュー3年未満選手で勝負に出るのだ。

「vs SEAdLINNNG」で過去を超越したスターダムを魅せ、

メインイベントで、未来のスターダムを魅せる。

最高の大会になりそうです。

残るカードは??

さて、最後に現在決まっていないカードも触れておこうと思います。

残るタイトルは・・・

  • ワンダー・オブ・スターダム王座(ジュリア)
  • SWA王座(朱里 vs 渡辺桃の勝者)
  • ゴッテス・オブ・スターダム王座(小波&ビー・プレストリー)
  • アーティスト・オブ・スターダム王座(COSMIC ANGELS)
  • フューチャー・オブ・スターダム王座(飯田沙耶)

一番気になるのは、ワンダー・オブ・スターダム王座の対戦カードだろう。

ワンダー・オブ・スターダム王座

2020年女子プロレス大賞を獲得したジュリア選手が誰と戦うのか。

今までの防衛戦はこちら。

  • 中野たむ
  • ひめか
  • 小波
  • 朱里
  • 刀羅ナツコ

個人的な予想は、

「vs 中野たむ」「vs 朱里」の2つだ。

「vs 朱里」は12月20日のエディオンアリーナ大阪大会の続きだ。

前回時間切れ引き分けで決着がつかなかった。決着をつける舞台としては申し分ない場所だ。

もう一つは、「vs 中野たむ」。

ワンダー王座を賭けて2度激戦を繰り広げた黄金カード。

2020年のベストバウトと呼べる戦いでもあり、武道館で再戦しても盛り上がる試合になる。

さらに以前と違うのは中野たむ選手がユニットのトップになったことである。

COSMIC ANGELSの中野たむとして、ユニットのリーダー対決にもなり、以前とは格が違う。

1月18日の後楽園大会でジュリア選手は、2月も防衛戦を行うとアピールしていた。次回後楽園大会の対戦カードは前座も含めて注目すべきだろう。

ジュリアのことが好きで好きでたまらない諸君、5度目の防衛に成功しました。まだまだ防衛したい。次の防衛戦は2月のここ後楽園でやるんで、また相手を探そうと思います。それじゃ10周年迎えたスターダム、これからもスターダムから目を離すなよ。アリーーーべデルチ、またな!

スターダム公式より

日本武道館大会カード発表 【第一弾】

1月30日、正式に対戦カードが一部発表されました。

中身は前述した通りの遺恨の発生していた対戦カードが正式決定した形だ。

https://twitter.com/wwr_stardom/status/1355469962702245894

もう一つ発表されたのが、「10周年プレミアム・スターダムオールスターランブル」のOGメンバー。

  • 愛川ゆず季
  • 加藤悠
  • まなせゆうな
  • 美邑弘海
  • 脇澤美穂
  • 中西百恵
  • コグマ
  • 美闘陽子

レジェンド勢揃いで、スターダム初の武道館に豪華なメンバー。

個人的にコグマ選手の復活に驚いた。

2015年を最後に退団している選手ですが、退団時の年齢が18歳だったので、2021年の現在も年齢的には現役に全く劣らない。

どんな動きを見せてくれるのか、凄く楽しみな選手である。

第一弾の発表になるので、これからサプライズは残していそうな気がします。

試合順も合わせて注目は、これからになりそうだ。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)