こんにちは、こんばんは。

KEIです。

新日本プロレスから重大情報がありました。

遂に新日本プロレス動く。プロレス再開!?無観客試合に懸念も!?

6月9日(火)昼12時~ 新日本プロレスワールド、新日本プロレス公式YouTube CHで『大会再開に関するオンライン会見』を配信!!

待ちに待った発表です。

6月9日の『大会再開に関するオンライン会見』では、

無観客試合の開催が発表されるのではないでしょうか!

度々、このブログでも新日本プロレスにおける無観客試合の可否については触れてきました。

過去に触れた記事を載せておきます。

【あなたは【プロレス無観客試合】に賛成?反対?】

【ブシロードグループ動く!?プロレス再開の兆し!新日本プロレスの再開はいつ?】

もし予想取り無観客試合の開催であれば、2月26日の沖縄大会以来となる新日本の復活になります。

100日以上振りの試合です。

SNSでも、喜びの声が多く飛んでいました。

無観客試合の開催だった場合に、「気になること」そして、私が一つだけ引っ掛かる「懸念」について、触れておこうと思います。

気になることは・・・

以下にまとめてみます。

  • 日程
  • 対戦カード
  • 同グループのスターダムについて

 

恐らく、一番気になるのが対戦カードでしょう。

KENTA選手をはじめとする海外在住の選手は、入国規制により出場は難しいです。

国内在住の選手に限られます。

個人的な予想では、タイトルマッチは組まれません。

易々と無観客ではカードを切らないと予想してます。

暫くは様子を見ながらで、最終的にもNEVER無差別級6人タッグマッチだと思います。

後にも書きますが、一発目の対戦カードはかなり重要です。

スターダムについて

新日本と同じグループ会社にいるスターダムについてですが、

今のところプロレス再開の情報はありませんでした。

下記の記事にもあるように、抗体検査は近々行われると思いますので、

そこまで遠くないタイミングで発表されるのではないでしょうか。

新日本プロレス、スターダムの親会社・ブシロードが3日、ライブイベント再開に向けて選手や出演者、スタッフ全員への抗体検査を行うことを発表した。

東京スポーツ新聞

今は難しい状況下にあると思います。一歩ずつ選手やスタッフの気持ち最優先で動いて欲しいです。

懸念も・・・

現在、無観客試合を行っている団体は、新日本以外全てと言っていいです。

プロレスリングNOAHや全日本プロレスは、コロナ禍でも無観客試合を活かし数ヵ月間話題を作ってきました。

その中で、

新日本の無観客試合実施に対する懸念は、他団体より下回ることです。

今回の無観客試合で転ぶことは絶対に許せない状況なはずです。

前述した通り、無観客試合に関してはNOAHや全日本に上手を取られています。

その中で、試合のクオリティ・演出で他団体に劣るところを見せれば、業界最大手の看板に100%キズが付きます。

そして、ファンも他団体に流れていく可能性が非常に高いです。

新日本の選手なら試合のクオリティは、まず落とさないですが、

一発目で話題を新日本に引き戻せるような演出を持ってこないと厳しい気がします。

「新日本プロレスがプロレスをする。」だけでは話題を取り返すのは難しいでしょう。

海外の地方大会でやるような対戦カードやヤングライオンvsベテランのようなチャレンジマッチを組み始めたら、相当危険だと思います。

おわり

6月9日に『大会再開に関するオンライン会見』で発表される内容は、

無観客試合の実施と予想。

→ 気になる対戦カードはタイトルマッチは組まれないと予想。

→ 同グループのスターダムの情報は今のところ無し。

→ 懸念は、無観客試合で上手を取っている他団体を下回ること。

・・・

総じて、結局何が言いたいかっていうと、

「グレート・オーカン凱旋帰国してほしいってこと。」

↓この記事が良かったら↓PUSH


プロレスランキング

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)