プロレス 全日本プロレス 大日本プロレス

もうインディーとは言えない!アジアタッグ王者・ヤンキー二丁拳銃の魅力を解説!

投稿日:2020年5月8日 更新日:

こんにちは、こんばんは。

KEIです。

4月30日、無観客配信でアジアタッグの防衛戦が決まった

『ヤンキー二丁拳銃』の魅力について書いていきます。

スポンサードサーチ

アジアタッグ王者、ヤンキー二丁拳銃の魅力を解説!

プロレスリングBASARA代表・木髙イサミと暗黒プロレス組織666・宮本裕向のユニットチームです。

それがヤンキー二丁拳銃です。

・インディー界、No.1タッグチームは間違いなし。

・デスマッチ団体からメジャー団体と幅広く活躍。

【ヤンキー二丁拳銃の実績】

  • BJW認定タッグ王座34・38・46代(大日本)
  • 最狭タッグリーグ優勝 2012、2013、2014年(大日本)
  • KO-Dタッグ王座48代(DDT)
  • WAVE認定タッグ王座10代(WAVE)
  • アジアタッグ王座98代(全日本)

 

2013年に日本プロレス大賞の最優秀タッグチーム部門で、惜しくもTMDK(マイキーニコルス・シェインヘイスト)に敗れたものの、

ファンの中ではヤンキー二丁拳銃を推す声も大きかったです。

結成は2006年頃、大日本を中心にデスマッチに参戦する中で結成されています。14年目のタッグチームです。

実績通り、多くの団体を渡ってきています。

主な団体として、NOAH、ZERO1、全日本、DDT、大日本…etc、とメジャー団体でも遜色なく実績を上げています。

話題の鷹木信悟とも2年前に対戦経験があります。

タッグは勿論、個々としても実績の高い2人です。

個人での実績もまとめました。

宮本裕向

元暴走族・特攻隊長の経歴から、ヤンキーキャラとして特攻服をコスチュームとしています。

身体能力の高い選手です。

ムーンサルトなど立体攻撃を得意としています。

【実績】

  • BJW認定デスマッチヘビー級王座(24、30代)
  • CZWウルトラバイオレントアンダーグラウンド王座
  • DDTエクストリーム級王座(18、40代)
  • 爆破王(8代)
  • DOVE世界ヘビー級王座
  • 火祭り優勝(2018年)

 

デスマッチファイターとしての活躍が主ですが、

2014年大日本プロレス・一騎当千リーグではストロングスタイルで決勝リーグに上がっています。

個々としてもデスマッチ以外の活躍をしています。

ストロングスタイル・コミカル・デスマッチとめちゃくちゃマルチな選手です。

木髙イサミ

2019年10月より、プロレスリング・BASARAの社長として独立しました。

リング上では小柄ながら、立体攻撃は得意としていません。

しかし、テクニックと”気持ち”で戦うところに、心魅かれるファンは多いです。

私もその一人で、大日本参戦時(2006年)からめちゃくちゃ好きな選手です。

【実績】

  • BJW認定デスマッチヘビー級王座(28、38代)
  • 一騎当千デスマッチサバイバー優勝(2019年)
  • KO-D無差別級王座(55代)
  • DDTエクストリーム級王座(15、17、21代)
  • KING OF DDTトーナメント優勝(2014年)
  • インターナショナルジュニアヘビー級王座(21代)
  • NWA世界ジュニアヘビー級王座(121代)
  • STRONGEST-K王座(23代)
  • 日本インディー大賞MVP(2013、2018年)

 

インディー界では個人でも実績No.1の選手です。

SNSをみても、Twitterフォロワー数が約15,000人と断トツです。

比較になりますが、

  • 全日本プロレスの宮原健斗 約12,000人(2020年4月現在)
  • DDTプロレスリングの竹下幸之介 約12,000人(2020年4月現在)

メジャー選手にも劣らない発信力と言っていいです。

ヤンキー二丁拳銃のベストバウト

2019年11月4日 大日本プロレス 両国国技館大会でのヤンキー二丁拳銃同士のシングルマッチです。

おわり

この魅力的なタッグチームがどこまでプロレス界を登っていくのか、楽しみです。

まだ唯一上がったことのない、新日本プロレスのリングにも上がってほしいです。

・・・

結局何が言いたいかっていうと、

「二丁拳銃で芸人思い浮かべるか、プロレスラーが出てくるかがプロレス好きの分岐点」

↓☆この記事が良かったら☆↓


プロレスランキング

-プロレス, 全日本プロレス, 大日本プロレス
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【プロレスファン必見】新会場・横浜武道館の評価について!見やすさは?会場設備は?

新しいプロレス会場「横浜武道館」について、紹介したいと思います。アクセス、試合中の見やすさ、会場設備など実際に観戦した経験をもとにプロレスファン目線で書いてみました。観戦時に気になるトイレに関しても!

矢野通がYouTubeチャンネル開設!!プロレスラーが続々開設する理由は!?

矢野通YouTubeチャンネル「矢野通プロデュース!!」の開設が発表されました。何故プロレスラーがYouTubeに参入するのか、また期待したいことをまとめてみました。

初心者必見!失敗しないオススメの会場紹介します!

初心者が行くべき・初心者におススメすべきプロレス会場を紹介します。プロレス観戦で後悔しない方法は会場選びです。

【新日本】次期シリーズTHE NEW BEGINNINGに向けた遺恨「まとめ」と「予想」

新日本プロレスの次期シリーズTHE NEW BEGINNINGに向けた遺恨を予想しながらまとめておきたいと思います。今後気になるのは、NEVER無差別級と内藤哲也選手の行動ですね。

アメトーーク!「プロレス大好き芸人」の選手の反応・次回への願望は!?

先日、放送されたテレビ朝日「アメトーーク」のプロレス大好き芸人について、放送後の選手の反応をまとめてみました。次回への願望も。