こんにちは、こんばんは。

KEIです。

この一ヶ月間、飛ぶ鳥を落とす勢いでのし上がってきた選手がいます。

全日本プロレス参戦中・芦野祥太郎選手です。

今、芦野選手のプロレスを観とけばハズレはありません。

今後を含めて、確認していきましょう!

※サムネイル画像は全日本プロレス公式Twitterより

株価急上昇中!とりあえず芦野祥太郎のプロレス見とけばハズレ無し!

全日本プロレスのリングに初参戦したのが、4月30日。

僅か1ヵ月で、三冠ヘビー級王者の諏訪魔選手に対して、王手をかけました。

諏訪魔選手に直談判し、対戦を実現させています。

リング上で・・・

「これでひと通りやったな。そしたら次は、一人しかいない。ただ、俺は諏訪魔さんを尊敬しています。だから呼び出すなんてことはできない。」

控室で・・・

「諏訪魔さん。次の大会で試合してくださいよ。」

「今までやってきたプロレス全部ぶつけるんで。」

全日本プロレス公式

全日本プロレス参戦後、5連勝中!

W-1休止後の初参戦から無敗で勝ち登ってきました。

こちらは初参戦時の内容です。

【芦野祥太郎の連れてくる”X”はあの選手で決まり!Enfants Terriblesとは...】

国内一大きい選手が集まる団体で、5連勝中です。

全ての試合決めているのは、芦野選手。

5試合振り返り

  • 4月30日 vs大森隆男・大森北斗
  • 5月5日 vsジェイクリー・岩本煌史
  • 5月16日 vsジェイクリー・岩本煌史

全て得意技のアンクルロックで仕留めています。

W-1時代のユニット「EnfantsTerribles(アンファンテリブル)」から、

児玉裕輔選手・羆嵐選手をXとして登場させ、話題も十分。

EnfantsTerribles(アンファンテリブル)は、

今注目のユニット。

新日本プロレスでは、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン。

NOAHでは、金剛。

全日本プロレスは「EnfantsTerribles(アンファンテリブル)」です。

VS 宮原健斗

5月24日に行われた、vs宮原健斗・フランシスコアキラでも勝利を収めました。

W-1時代から考えると、エース対決が実現したと言っていいです。

試合後のコメント

試合後のコメント(宮原健斗選手)

試合前に「ホンモノか、なんちゃってか、楽しみにしてるよ。」とコメントしていたことに対する答えですね。

この2人のシングルは近い将来実現していくと思います。

VS ゼウス選手

5月30日 vsゼウス・イザナギ

vs宮原・アキラ戦後に乱入したゼウス。

全日本プロレスのパワーの象徴と言えるでしょう。

試合後のコメント

やっぱりゼウスやべぇよ。パワーが桁違いだった。ぜんぜん歯が立たなかった。ただプロレスはパワーだけじゃないんだ。押すだけがプロレスじゃない。引く力も大事。」

週刊プロレス 芦野祥太郎コメントより

試合後のコメント(ゼウス選手)

今後の芦野祥太郎選手は・・・

ゼウス選手を退け、諏訪魔選手と今後戦うわけですが、

次の試合結果によっては、

直ぐに三冠ヘビー級王座戦に絡んでくる存在になると思います。

シングルマッチが現状組まれていないので、シングルプレイヤーとしての進化も楽しみです。

注目して絶対にハズレない選手です。

諏訪魔選手の反応

「うちの若いのは、なにやってるんだよ。だらしねえなあ。印象? そんなもん、ねえよ! そんなやつの試合見てないから」

芦野祥太郎選手の経歴を知ると・・・

「じゃあ馳さんから始まって、武藤(敬司)の下でカズ(ハヤシ)、近藤(修司)がつくったってこと!? 俺の歩んできた道そのままじゃねえか」

「いま一気に興味が湧いたよ。俺のストレスの発散の対象になりうる、壊しがいがあるおもちゃなのかもしれないな」

東京スポーツ新聞

諏訪魔選手も全日本プロレスとして、6連勝を簡単には許せないですね。

おわり

株価急上昇中の芦野祥太郎選手について、書いていきました。

→ ユニットの「EnfantsTerribles(アンファンテリブル)」の動きにも注目!

→ 全日本プロレス参戦、5連勝中。

諏訪魔選手の三冠ヘビー級王座挑戦が間近である。

・・・

結局何が言いたいかっていうと、

「芦野祥太郎、この貫禄でつい最近まで20代は信じられない。」

↓この記事が良かったら↓PUSH


プロレスランキング

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)