こんにちは、こんばんは。

KEIです。

いよいよ今年も終わりが見え時期も年の瀬、プロレス界では東京ドームも見えてきた。

既にその東京ドーム大会の対戦カードもチラホラ出てきたが、

一向に暗いのは新日本プロレスの太陽だ。

そう、棚橋弘至の対戦カードが全く見えてこない件である。

今回の記事では東京ドーム大会に向けて、棚橋弘至がどう動いていくのか考えてみたいと思う。

新日本プロレス・棚橋弘至に残された東京ドームの対戦カードは!?

2020年の対戦カードは、1.5に組まれたクリスジェリコ戦である。

1.4は不出場であったことが、伝統ある1.4にエース・棚橋弘至が出ないのも意外であったのを記憶している。

そして、2020年11月現在も2021年の東京ドーム大会の対戦カードに名前はまだない。

2年連続不出場になる可能性はありそうな状況である・・・

残されたカードは?

鷹木信悟(NEVER無差別級王者)

棚橋選手に残されたカードで一つ目に挙げたいのは、

NEVER無差別級王者・鷹木信悟だ。

今回のタッグリーグ戦(12月4日大分戦)で棚橋選手との対戦を熱望している。

俺は戦前、SNSなんかでも言ってるが、ウソじゃないぜ、棚橋弘至! オイ、チョットおとなしすぎじゃないか、オイ? ええ? 俺はオイ、棚橋弘至って、他団体いる時は、もっとすげぇレスラーって聞いてたぜ。棚橋弘至、こんなもんじゃねぇよな。NEVER(のベルト)とかそんなの関係なしに、

俺は純粋に棚橋弘至と。なあ、新日本来て3年目だ。シングルやったことねぇんだ。

新日本プロレス公式より引用
https://twitter.com/Takagi__Shingo/status/1334735593482285058

棚橋選手自身もNEVERを意識するようなコメントを残している。

俺も熱くなりてぇなあ……。肉体を、精神が超えるような気持ちをもう1度……。

あ、逆だ。精神が、肉体を超えるような気持ちをもう1回、俺には必要……

新日本プロレス公式より引用

もしかしたら、棚橋弘至のNEVER王者の姿が見られるかもしれません。

グレート・Oカーン

もう一つ挙げたいカードは、

10月の両国大会で堂々の凱旋帰国を果たした、グレート・Oカーンだ。

以前であれば、2018年の東京ドーム大会とリンクするかもしれない。

ジェイ・ホワイトの帰国後一発目の試合が棚橋選手だった。

タッグリーグ開幕戦でわずか3分足らずで沈められ、挙句椅子での暴行も加えられていた点も踏まえ

月日の少ない中で、棚橋選手が東京ドームの対戦カードを求めるならば、vsグレート・Oカーンしかいないのではないだろうか。

今、Oカーン選手の勢いは凄まじい状況で、

その自己プロデュース力はSHO選手もポットキャストで認めているなど、選手間でも異例の光を放っているようである。

棚橋弘至vsグレート・Oカーンならば、注目度も申し分ない。

復活の棚橋弘至まで

どの対戦カードでも光らせるのが棚橋選手。

しかし、前年もスペシャルシングルマッチであったことを考えると、

棚橋弘至が年々タイトル戦線から外れ始めていることは否めない。

長年の歴戦により負傷している膝や腕、また本人にしかわからない負傷もたくさんあるだろう。

キャリアを重ねた結果といえば、それまでだが、

プロレス界の太陽には、もう一度メインイベントの頂点から照らして欲しいと願っている。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)