こんにちは、こんばんは。

KEIです。

新日本プロレスのオカダ・カズチカ選手が「日本財団 災害復興特別基金(新型コロナウイルス緊急支援)」へ個人で500万円の寄付を行いました。

寄付金は新型コロナウイルスに対応する為に設置された施設や医療従事者・ボランティアの方々への活動資金になるそうです。

↓オカダ・カズチカ選手のコメント↓

いつもご声援いただきありがとうございます。

また超満員のお客さんの中で、沢山の声援の中で試合ができる日が1日でも早く戻ってくれることを願っています。

いつもは応援される側ですが、今は医療従事者の方々が戦ってくれていることを応援したいと思っております。

不要不急の外出は自粛するなど一人一人の意識を高めこの状況を一緒に乗り越えましょう。

新日本プロレス公式サイト

誇るべきプロレスラーです。

実は、支援に動いている団体はまだあります。

紹介したいのは、プロレスリング・ZERO1(以下ZERO1にて)の『お助け隊』という活動です。

もっと知ってほしい【プロレスリング・ZERO1『プロレスお助け隊』】

大谷晋二郎選手の発案で、

ZERO1がレッツレンタカー羽田空港店と協力で行っている支援。

選手が体調管理を徹底し、マスク着用など感染防止に努めた上で運転手となり、

高齢者や体の悪い方向けに以下のお手伝いをしています。

  • 病院へ無償で送迎
  • 買い物のお手伝い
  • テイクアウトの受け取り
  • お弁当などの宅配

   等々・・・

 

現在、高齢者の方がバスや電車といった公共の移動手段を使用するのはめちゃくちゃリスキーです。

勿論、毎回タクシーを使用するのも経済的に大変です。

こんな状況をテレビで目にして、大谷選手はこの活動を決めたそうです。

興行ができず苦しい立場にあるにも関わらずチャリティー活動のできる、

この行動力が素晴らしいです。

・プロレスラーの力と体力

・コロナの影響で持て余したレンタカー

両方の余剰利点を生かした素晴らしい活動だと思います。

活動範囲は東京都の6区内(中央区、港区、品川区、目黒区、世田谷区、大田区)神奈川県川崎市の5区内(川崎、幸、中原、宮前、高津)

活動について気になる方は、プロレスリング・ZERO1公式サイトのリンクを貼っておきます。

【プロレスリング・ZERO1公式サイト】

他にもこんな活動

「おうちでZERO1」と称して、YouTubeで動画を上げてくれています。

ZERO1選手からのメッセージ #STAYHOME

#おうちでZERO1

バーチャル合同練習&ちびっ子プロレス教室LIVE

練習映像の公開。お家でできるトレーニングの紹介。

食いしん坊万歳!ZERO1の鉄人 LIVE

料理の映像と共に、大谷選手の過去の試合などを振り返っていました。

今年引退した獣神サンダーライガーについても語っています。

『プロレスお助け隊』マスクの配布

支援者から届いた支援物資(マスクなど)を老人ホーム・医療機関に配布。

『プロレスお助け隊』がメディアで取り上げられたことで、全国から支援者が声を上げてくれたようです。

おわり

プロレスリング・ZERO1は通常時から「チャリティプロレス」として、小学校でプロレスを行ったり、施設にランドセルをプレゼントを行ったりと献身的な活動を行っています。

興行ができない苦しい状況下でも活動してくれている選手たちを見ると、とても考えさせられます。

私たちも今できることを全力でやっていきましょう。

・・・

結局何が言いたいかっていうと、

「大谷選手のレスラーとしての活動と顔面ウォシュっていう技が未だに合致しないってこと。」

↓この記事が良かったらPUSH↓


プロレスランキング

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)