こんにちは、こんばんは。

KEIです。

新年度の始まりを暖かさで感じ、人の往来も激しくなる時期ですね。

それは、プロレス界も同じく。

大日本・オルカ宇藤が突然の退団をSNSで発表しました。

原因は、大日本プロレスの業績悪化ではないでしょうか。

大日本、オルカ宇藤が一方的退団をSNSで発表。経営悪化が原因!?

団体ではなく、個人での発表。

また週刊プロレスによれば、団体側へは弁護士を通して一方的な通達になっているそう。めちゃくちゃ後腐れのありそうな雰囲気です。

オルカ宇藤について・・・

名前オルカ宇藤
生年月日1988年5月12日(現31歳)
デビュー2015年3月25日(新木場1stRING)
得意技リバースタイガードライバー
獲得タイトル横浜ショッピングストリート6人タッグ王座

デビューも大日本です。2019年1月にアイスリボンの所属・世羅りさと入籍しています。

Twitter内で、報告しています。

【ご報告】

私事で恐縮ですが、先月末に入籍いたしました。

相手はアイスリボンの世羅りささんです。

今後は二人で力を合わせて楽しい家庭を作っていけたらと思います。

リング内外問わず頑張ってまいりますので応援よろしくお願いします!

大日本プロレス 宇藤純久

2019年2月9日 オルカ宇藤Twitterにて

実績は少ないですが、これからプッシュする育成選手だったと思います。

退団理由は・・・

現状正式発表は出ていません。

新型コロナウイルスの影響で、金銭面の大ダメージを受けていることは間違いないです。

通常時もそんなに潤沢な団体ではないと思います。以前の記事でも触れています。

【大日本プロレス後楽園ホール大会、必ず開催しなければならなかった訳とは!?】

大日本でも大会の中止や観戦キャンセルが相次いでいるでしょう。

団体からの減給も考えられます。フリーとして仕事を得る方が収益を見込めると判断してもおかしくない状況です。

また、デスマッチから離れて迷走していたところもあると思います。

改めて立ち位置を見つめ直す時期なのかもしれません。

世の中の声は??

今回の退団に対して、SNSでは厳しい意見が飛んでいました。

やはり、その不条理さに不快感を示す人が多いです。

団体からの発表が出ていないので何とも言えませんが、

関連情報が正しければ信用を回復させるのは難しいでしょう。

昨年、退団で炎上した現・スターダムのジュリアの名前も出てしまいましたね。

今後は・・・

話し合いによっては、大日本プロレスへの参加はないですね。

活動の場は広がると思います。

デスマッチから離れているのでDDTプロレスリングやNOAHなど、新しい場での活躍を期待したいです。

世羅りさ選手が意味深なツイートをしていました。

”は”を強調しているとこにきな臭い感じを覚えます。。

今後もう少しオルカ宇藤には茨の道が待っていそうですね。

おわり

イベント業界での困窮者も出ている中で、プロレス界も例外ではないと思います。

失業率が上がると、自殺者が増えると言われています。

今回のオルカ宇藤の退団とは違うものかもしれませんが、今後プロレス界でも退団や失業が出てくる可能性は高くなりそうです。

・・・

結局、何が言いたいかっていうと、

「未曾有の災害なんだよ。手洗い・うがい・不要な外出はするな。」

ってこと。

あざした。

↓☆この記事が良かったら☆↓


プロレスランキング

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)