新日本プロレス

内藤のヒール時代、完全終了。訪れた主役時代!?

投稿日:2020年2月10日 更新日:

こんにちは、こんばんは。

KEIです。

今日は昨日の新日本プロレスの大阪城ホール大会について総括したいと思います。

内藤vsKENTAの試合を主として取り上げたいと思っています。

約11000人を大熱狂に包んだ最高の興行でしたね。

驚くようなシリーズの着地が起きたり、次なる伏線が起きたり、シリーズ最終戦の大会はドラマとしても見応えがあるんです。

これもプロレスの楽しい見方の一つですね。

スポンサードサーチ

内藤のヒール時代、完全終了。訪れた主役時代!?

今回のシリーズで完全に内藤選手が新日本の中心になった気がします。

内藤選手にとって、vs KENTA戦は昔の自分を超える戦いのようにも見え、

KENTA選手の主役発言やバックステージでのファンへの煽りとふてぶてしい舌戦は、少し前の内藤を彷彿とさせる姿にみえました。

とにかく俺が何が言いたいかっていうと、2020年は俺の年だってこと

新日本プロレス公式 2.5後楽園ホール KENTAの発言より

内藤選手は元々ヒールでも、ベビーでもないと公言していましたが、

オカダカズチカ・棚橋弘至の対極に位置していたので、ヒールとしてとらえられる方がやはり強かったように思います。

今回の試合は、ヒールvsヒールよりも、

内藤選手がベビーで、

ベビーvsヒールの色の方が強くでた戦いでした。

それは、 シリーズ通して 盛り上げたKENTA選手の功績もあると思いますが、

内藤哲也の主役感・・・

いや、どちらかというと内藤哲也に新日本プロレスのエース感がついてきたからなのかなとも思います。

棚橋弘至 → オカダ・カズチカ → 内藤哲也 →

「このバトンが渡った…記者会見まで見て、私にはそう見えました。」

「そうなると、オカダ・カズチカの動向が怖いね」

ここでは触れませんが、オカダ・カズチカの動向に関する憶測が色んなところで飛び交ってますから、

今後のオカダ・カズチカも目が離せません。

内藤哲也vs髙橋ヒロム実現

来月、ついに戦いが決まりましたね。

師弟対決。

高橋ヒロムを育てたようなものと内藤哲也も公言していましたので、ようやくなのでしょうね。

私たちファンもめちゃくちゃ楽しみな一戦ですね。

昨日はSANADA選手も敗れ、EVIL・鷹木・BUSHIも出場していなかったのでありませんでしたが、

ファン待望のロスインゴ全員集合してのグータッチが見られる日になるかもしれません。

おわり

今日の会見で見えましたけど、内藤選手の額はパックリ切ってましたね。

5針縫って、8か所ホチキスですから、相当重症ですね。

ちょっとヒヤッとしました。

やっぱりプロレスって怖いですね。でもそれぐらい選手が本気だからこそ、こんなに熱くなれて楽しいんだろうな。

この試合見ても、プロレスは本気じゃないんでしょ?とか言ってくる奴とは一生関わることないな。

・・・

結局何が言いたいかっていうと、

「デスペラードのバックステージコメントがカッコよすぎるから、一言一句聞き逃さず、観て」ってこと。

↓この記事が良かったら↓


プロレスランキング

-新日本プロレス
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

『NEW JAPAN CUP 2020』ジュニアvsヘビーの全面対決?対戦カードの因縁は!?

『NEW JAPAN CUP 2020』開催が決まりました。ジュニアvsヘビーの構図が多いです。対戦カードについて、過去の因縁含めて解説!

心に響くYOSHI-HASHIの素敵な名言を3つ選びました!!

YOSHI-HASHIの名言をまとめてみました。厳選して3つ選びました。何故インパクトに残るのかについても解明!

【G1クライマックス30】KENTA選手のアナザーストーリー 〜ニュージャパンワールド青春物語編〜

今年のG1クライマックス30で行われた、もう一つの物語。KENTA選手とニュージャパンワールドのカメラマンによるバックステージコメントのやり取り。KENTA選手と太ってるカメラマン・太ってないカメラマンの三角関係はプロレスの超えたエンタメでした!

LA道場大会決定! 大阪城ホールで、遂にBULLET CLUBも全員集結か!?

BULLET CLUB(バレットクラブ)を含め主要外国人レスラーが遂に新日本プロレスに集結できると思います。場所は大阪城ホール。何故なのか・・・

止まらぬコロナの侵略。「NEW JAPAN CUP」の開催は!?

こんにちは、こんばんは。 KEIです。 新日本プロレスで、大会中止が延長されました。 これにより、「NEW JAPAN CUP」の全大会中止が決まりました。 さて、延期時の開催はいつになるのか考えてみ …