プロレス 新日本プロレス

【第2弾】新日本プロレス・東京ドーム大会でのIWGPタッグ選手権は王座が必ず動く!?

こんにちは、こんばんは。

KEIです。

前回の記事に引き続き、新日本プロレスの東京ドーム大会におけるジンクスについて書いていきます。

下記が東京ドーム大会のジンクスになります。

  • 外国人選手は勝てない
  • ヒールレスラーは勝てない
  • 後藤洋央紀は必ず勝つ
  • IWGPタッグのタイトルは動く

 

「外国人選手・ヒールレスラーが勝てない」と「後藤洋央紀は必ず勝つ」に関しては、前回の記事で論破しました。

【第1弾・新日本プロレス・東京ドーム大会のジンクス論破します!!後藤洋央紀必ず勝つ!?】

今回は東京ドーム大会で「IWGPタッグのタイトルは動く」を書いていきます。

目次

新日本プロレス・東京ドーム大会でIWGPタッグ王座は必ず動く!?【検証】

「IWGPタッグのタイトルは動く」について10年分の試合を振り返り、検証とします。

③IWGPタッグのタイトルは動く

・東京ドーム大会(1月4日)

 

2009年

・第8試合 IWGPタッグ王座戦

〇 挑戦者・ブラザーレイ&ブラザーディーボン
vs
× 王者・真壁刀義&矢野通

勝者・・・【挑戦者】ブラザーレイ&ブラザーディーボン

 

2010年

・第3試合 IWGPタッグ王座戦(3WAY戦)

〇 挑戦者・内藤哲也&裕次郎(高橋裕二郎)

vs

  挑戦者・ジャイアントバーナード&カールアンダーソン
vs
× 王者・ブラザーレイ&ブラザーディーボン

勝者・・・【挑戦者】内藤哲也&裕次郎(高橋裕二郎)

 

2011年

・IWGPタッグ王座戦 なし

 

2012年

・第6試合 IWGPタッグ王座戦

〇 挑戦者・小島聡&天山広吉
vs
× 王者・ジャイアントバーナード&カールアンダーソン

勝者・・・【挑戦者】小島聡&天山広吉

 

2013年

・第3試合 IWGPタッグ王座戦

× 挑戦者・後藤洋央紀&カールアンダーソン
vs
〇 王者・デイビーボーイスミスJr&ランスアーチャー

勝者・・・【王者】デイビーボーイスミスJr&ランスアーチャー

 

2014年

・第2試合 IWGPタッグ王座戦

〇 挑戦者・ドクギャローズ&カールアンダーソン
vs
× 王者・デイビーボーイスミスJr&ランスアーチャー

勝者・・・【挑戦者】ドクギャローズ&カールアンダーソン

 

2015年

・第7試合 IWGPタッグ王座戦

〇 挑戦者・柴田勝頼&後藤洋央紀
vs
× 王者・ドクギャローズ&カールアンダーソン

勝者・・・【挑戦者】柴田勝頼&後藤洋央紀

 

2016年

・第5試合 IWGPタッグ王座戦

〇 挑戦者・真壁刀義&本間朋晃
vs
× 王者・ドクギャローズ&カールアンダーソン

勝者・・・【挑戦者】真壁刀義&本間朋晃

 

2017年

・第7試合 IWGPタッグ王座戦(3WAY戦)

  挑戦者・真壁刀義&本間朋晃

vs

〇 挑戦者・石井智宏&矢野通
vs
× 王者・タマトンガ&タンガロア

勝者・・・【挑戦者】石井智宏&矢野通

 

2018年

・第4試合 IWGPタッグ王座戦

〇 挑戦者・SANADA&EVIL
vs
× 王者・デイビーボーイスミスJr&ランスアーチャー

勝者・・・【挑戦者】SANADA&EVIL

 

2019年

・第4試合 IWGPタッグ王座戦(3WAY戦)

× 挑戦者・ニックジャクソン&マットジャクソン

vs

〇 挑戦者・SANADA&EVIL
vs
  王者・タマトンガ&タンガロア

勝者・・・【挑戦者】SANADA&EVIL

 

2020年

・第5試合 IWGPタッグ王座戦

〇 挑戦者・ジュースロビンソン&デビッドフィンレー
vs
× 王者・タマトンガ&タンガロア

勝者・・・【挑戦者】ジュースロビンソン&デビッドフィンレー

 

検証結果

11試合中10試合、東京ドーム大会でIWGPタッグのタイトルは動いていました。

これは”ほぼ”ジンクス通りと言っていいですね。

11月~12月にかけてワールドタッグリーグが開催されていることや、

タッグの難しさも関係しているのだと思います。

他に列挙してみると、

カールアンダーソンのIWGPタッグ戦線での功績も見えます。

退団する2017年までに6度のタイトルマッチを経験していました。

”ザ・マシンガン”カールアンダーソンの新日本への復帰が待ち遠しいです。

おわり

新日本プロレスの年間最大の戦いには、その年の注目選手や流行が反映されています。

遡るだけで面白いモノが沢山見えてきます。

他のジンクスも今後探してみたいと思います。

プロレスには十人十色の意見があるように、多くの楽しみ方が存在しています。

今回のような予想や検証も楽しみの一つです。

それが、他の格闘技と違うところだとも思います。

・・・

結局何が言いたいかっていうと、

「今年の東京ドーム大会が無事だっただけでも、幸せだったってこと。」

あざした。

↓☆この記事が良かったら☆↓


プロレスランキング

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)