こんにちは、こんばんは。

KEIです。

オカダ・カズチカ選手発案の新タイトル。

KOPW2020の一回戦が後楽園ホールにて行われました。

賛否渦巻く評価はどうだったのか。

振り返ってみたいと思います。

【大注目】新プロジェクト!KOPW2020の評価は??

個人的にKOPWにはめちゃくちゃ可能性を感じてます。

さっそく、KOPW2020について振り返ります。

エル・デスペラード vs 小島聡

試合形式は「必殺技禁止マッチ!」

小島選手の川田殺し。デスペラード選手のインサイドワーク。

何とも意外な幕切れで決着となりましたが、

バックステージ・SNSでも繰り広げられた舌戦を叩き切るような小島選手のラリアット。

ツイートでも触れましたが、小島選手はまだまだ行けますね。

試合後のツイートでは小島選手らしい内容です。

今後、エル・デスペラード選手 vs 第三世代の構図が生まれれば面白そうですね。

矢野通 vs BUSHI

試合形式は「ピンフォール2カウントマッチ」

個人的に一番面白い試合でした。

KOPWは矢野選手の為に生まれたタイトル。

その一言に尽きます。

先日のニュージャパンカップで高橋ヒロム選手に場外リングアウト・エレベーター葬で敗戦を飲んでいた矢野選手。

試合後のコメントも意識していました。

今回の4WAY戦で敗れたとしても、

矢野選手のプロデュース力と企画力はKOPWに不可欠かもしれません。

SHO vs SANADA

試合形式は、「サブミッションマッチ」

Uの意思を感じる試合。

そう評価する人も多かったです。

SANADA選手の足4の字固めもバックボーンをチラつかせるようで、奥深い試合でした。

試合前は不安視する声も多かった形式でしたが、流石新日本プロレス。

試合後は、この日のベストバウトに挙げる人が一番多かったです。

個人的にSHO選手に頑張ってもらいたかったですね。

その理由は、こちらをご覧ください。

オカダ・カズチカ vs 高橋裕二郎

試合形式は、「1vs3ハンディキャップマッチ」

SNSを見ると、一番賛否が分かれましたね。

多かった理由は3つですね。

  • 日本でハンディキャップマッチが定着していない
  • 真剣勝負にこだわる日本人特有の精神
  • 高橋裕二郎選手への期待

WWEではよく行われる試合形式ですが、日本ではあまり定着していないですね。

他にもレインメーカー復活を願う声が多くありました。

プロレス再開から封印しているレインメーカー。

オカダ選手は今後もレインメーカーを封印していくことを語っています。

神宮球場大会で復活させてくれるのか、もう少し伸ばすのか、

個人的には早く復活させて欲しいです。

今後のKOPWは??

4WAY戦も気になるところですが、

やはり一回戦で注目を集めた選手を含めて、

争奪戦が始まってから、より一層面白くなるタイトルだと思います。

参戦してほしい選手は?

今回のトーナメントに参加しなかった選手で挙げると・・・

  • 田口隆祐選手
  • タイチ選手
  • 飯伏幸太選手

この3人は面白い試合形式を上げてきそうな気がします。

タイチ選手はエル・デスペラード選手とのやり取りでも発案を出されてました。

ファイプロでタイトルマッチが組まれたら、めちゃくちゃ面白いと思います。

飯伏幸太選手はバックボーンがあのDDTプロレスリング。

破天荒な試合形式をやってきた選手なので、ぶっ飛んだ形式を出してくれるのではないでしょうか。

他団体からの参戦も視野に入っていれば、KOPWの可能性は無限に広がるタイトルです。

今後も大注目。

おわり

形式問わず新日本のプロレス技術は世界一だと実感しました。

結局何が言いたいかっていうと、

「エル・デスペラード選手のカーフ・ブランディングが見たかった。」


プロレスランキング

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)