目次

マーティ・スカル(2017.12/10~2018.10.30)

2017年5月12日のアダム・コールvs棚橋弘至戦終了後に突如乱入し、アダム・コールを追放。BULLET CLUBに電撃加入しました。

2017年11月5日にIWGPジュニアをウィルオスプレイから奪取。

2018年頃から始まった内紛抗争を期に、ケニーオメガについていく形でTHE ELITE側として一時脱退しました。

中止になってしまいましたが、2020年4月4日に現BULLET CLUBのジェイホワイトとシングルマッチが組まれていました。

下記記事でも触れています。

【復活のマーティ・スカル。BULLET CLUB再加入の可能性は!?】

https://twitter.com/ringofhonor/status/1223350557311733763

石森太二(2018.5/4~現在)

2018年5月4日に「NEW BONE SOLDER」として、タマ・トンガに呼びこまれ加入。

新日本ジュニアのトップを獲るために、ここに来た。そのために、ありとあらゆるネットワークを使って、タマ・トンガとコンタクトをとって、今日登場した。俺がここに来たからには、新日本ジュニア、必ず面白くしてやる。

新日本プロレス公式サイトより

IWGPジュニアヘビーとIWGPジュニアタッグを奪取。

2014年に加入した高橋裕二郎以来の日本人選手の加入となりました。

【BULLET CLUB沈静期・SWITCHBLADE時代】

4代目リーダー・ジェイホワイト。

ケニーオメガのTHE ELITEとタマ・トンガ率いるBULLET CLUB・OG(オリジナル)の分裂騒動からリーダー不在だったが、

2018年10月8日ジェイホワイトと邪道・外道が加入。

ケニーオメガがAEWを設立と共に、OG表記がなくなり正規にBULLET CLUBが復活。

分裂騒動も沈静化されました。

ヒール色の薄れていたケニー時代とは異なり、試合への介入が増えヒール色の強い結成初期のBULLET CLUBに戻ったようです。

現リーダーもジェイホワイトが務めています。

ジェイ・ホワイト(2018.10.8~現在)

凱旋帰国後、ケニーオメガからの勧誘を拒絶。

CHAOSに一時加入しますが、2018年9月23日にオカダカズチカを裏切ることで脱退。

翌月の両国国技館大会で、邪道外道と共にBULLET CLUBに加入しました。

2019年2月にIWGPヘビー級、外国人最年少戴冠を記録。

IWGPインターコンチネンタル王座、IWGP USヘビー級王座の3タイトルを戴冠。

https://twitter.com/JayWhiteNZ/status/1095368818585726981

現在も4代目リーダーとしてBULLET CLUBで暗躍中。

エル・ファンタズモ(2019.5/4~現在)

https://www.youtube.com/watch?v=oBDrjdrbyRk

2019年3月の『NEW JAPAN CUP』開幕戦以降、BULLET CLUBのニューメンバー“X”として謎のVTRが流れ、

5月4日にエル・ファンタズモであることが判明し加入。

新日本プロレスではIWGPジュニアタッグを獲得。

今後ジュニア戦線を荒らしてくれそうです。

KENTA(2019.8/12~現在)

2019年6月9日の大阪城ホールで柴田勝頼と共に登場。

G1クライマックス出場しますが、

G1クライマックス優勝決定戦で、石井智宏・YOSHI-HASHを試合終盤で裏切り、BULLET CLUBに加入しました。

2020年1月5日の東京ドームのメインイベントの試合後乱入するなど、BULLET CLUBでも一番発信力のある選手です。

以前の記事でも触れていますが、SNSにて新型コロナウイルスへの注意喚起も行っています。

【KENTAの訴えを繋げていこう。これ、めちゃくちゃ重要ってこと!】

おわり

今後、メンバーが増えていく中で随時更新していきます。

・・・

結局何が言いたいかっていうと、

「世界のスーパースター・ビリーガンがHUNTER CLUBにいたことは秘密ってこと。」

あざした。

↓☆この記事が良かったら☆↓


プロレスランキング

おすすめ

1件のコメント

  1. […] →【BULLET CLUBを過去から振り返る【メンバー入り時期をまとめ】 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)